矯正歯科

医療法人 田島歯科矯正口腔外科クリニック

0942-38-4618

〒830-0044 福岡県久留米市本町7-23

受付:9:00〜18:00 営業:9:00〜18:30
定休日:日・祝

lv

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科について

当院では、矯正専門の資格を持った

公益社団法人日本矯正歯科学会の専門医・認定医が治療を行います。

img_orthodontic_dentistry01

久留米市で最初に矯正歯科を開設した歯科医院

当院歯科医師は日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある矯正の学会)より、「専門医」「認定医」として認定されています。一般的に矯正歯科専門のドクターといっても、その技術は歯科医師によって大きく異なります。そこで治療技術を推し量る基準となるのが、日本矯正歯科学会が認定する認定資格です。また、その中でも数少ない「専門医」の有資格者は、それだけ時間をかけて地道な研究をしてきた証拠。患者さんがどこへ行くかを選ぶ判断として、認定医であるかというのは目安になると思います。(全国で日本矯正歯科学会の「認定医」は約2600人、「専門医」は約260人程度です。

矯正治療と年齢

img_orthodontic_dentistry02

お子様の矯正治療

お子様の矯正治療は、体の成長・発育と大きく関わっているのが特徴です。そのため矯正治療もお子様の成長に合わせて行い、歯や顎のバランスを整えて行きながら治療を行います。顎の成長が完了してしまった大人と異なり、大切な永久歯をなるべく抜かずに治療を進めることができます。しかし、早い時期に

治療を始めさえすればよいというわけではありません。お子様の歯並びやお口の状態によっては、永久歯に全て生え変わってから治療を始めたほうが良いケースもあります。大切なのは、「早期受診」をして、適切な時期を見極めてから治療を進めることです。丈夫で綺麗な歯は、お子様への最高のプレゼント。お子様の矯正治療も、当院にお任せください。

img_orthodontic_dentistry03

大人の矯正治療

「矯正治療は子供のもの?」というイメージを抱いている方も多いかと思いますが、近年、大人の方でも矯正治療を希望される方が増えてきています。現代では矯正治療の技術も進歩しておりますので、矯正治療に年齢制限はございません。何歳から始めても、決して遅くはありません。「もう一生歯並びは直せない」と思い込んでしまっていませんか?まずは一度ご相談ください。

マウスピース矯正(インビザライン)

mouth

外から見て、透明のため非常に目立ちにくいという特徴があります。取り外しのできる、お手入れ簡単なクリアタイプのマウスピースの形状の矯正装置を使用します。当院では抜歯が必要など大がかりな治療の方でも可能です。

審美ブラケット

white2

見た目を重視される患者様にご選択いただくことが多く、セラミックや樹脂製の歯の白い色に近いという長所があります。メタルブラケットよりも矯正装置の見た目を気にすることなく、矯正治療にあたれると人気です。

リンガルブラケット(舌側矯正)

%e8%88%8c%e5%81%b4%e7%9f%af%e6%ad%a3

歯の裏側にワイヤーを取り付け矯正するので、人からまったく見えません。矯正装置が目立つことに抵抗のある方や、人知れず矯正を行いたい方、職業柄歯の表側に矯正装置を取り付けることができない方におすすめです。

メタルブラケット

metal

昔より最も浸透している、金属製の矯正装置です。見た目があまりよくないという短所がありますが、値段も安く効果も高いです。

インプラント矯正

img_orthodontic_dentistry08

顎の骨にミニインプラントを埋入し、歯を正しい位置に移動する治療です。治療時間も短く、良い結果となることが多いと言われています。従来より歯を自由に動かすことが可能になり、極度の出っ歯なども綺麗に治るようになりました。

保険適用の外科矯正

%e9%a1%94%e9%9d%a2%e9%9d%9e%e5%af%be%e7%a7%b0

矯正歯科だけでなく、アゴの骨の外科手術も併用して、噛みあわせを改善する治療です。受け口や顎の歪みなど、骨格に問題がある方が適応です。

マウスピース矯正(インビザライン)

img_orthodontic_dentistry09

当院では、マウスピース矯正にインビザラインを導入しております。ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんど分かりません。また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。通院回数も少なくてすみます。この度、従来のインビザライン・システムの治療上のメリットはそのままに、

10代の患者様を対象とする新しい治療プログラム「インビザライン・ティーン」が開発されました。従来のインビザラインでは適用外であった10代前半の方も、乳歯が全て抜けていれば永久歯が崩出途中の時期にもご使用いただけるようになりました。

※インビザラインの完成物は医療機器対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

リンガルブラケット(舌側/裏側矯正/インコグニトなど)

img_orthodontic_dentistry10

完全オーダーメードの舌側矯正装置(リンガルブラケット)です。
・オーダーメイドのため装置が小さく違和感が少ない装置です
・使用するワイヤーもオーダーメードのため一般的な舌側矯正よりも短期間で治療できます。

・装置は高純度の金合金製。精度や強度も十分で、金属アレルギーが心配な方も安心です。
・歯の曲面にぴったり沿った薄型の装置です。今までの裏側矯正に比べても見えにくさは抜群です。
・費用が表からの矯正治療よりも多くかかります。
ハーフリンガル(上の歯は舌側矯正、下の歯は審美ブラケット)も対応しています。

外科矯正(受け口など)

%e7%9f%af%e6%ad%a3

外科的矯正治療とは矯正歯科だけでなく、アゴの骨の手術も併用して、噛みあわせを改善する治療です。
歯ならびだけではなく、上下のあごの骨の位置がずれていたり、大きさやバランスが悪かったりして、矯正歯科のみでは改善が困難な場合に行います。

通常では保険治療は適応されませんが、先天性の疾患などの場合のみ指定機関での保険治療を受けることができます。

保険治療による矯正

当院は、受け口やあごのゆがみなどの外科手術を必要とした矯正や、国の指定する一部の病気(特定50疾患)の矯正診療が保険で受けられる指定医療機関です。
また、当院は指定自立支援医療機関であり、 顎口腔機能施設基準適合医療機関です。

指定自立支援医療機関
指定自立支援医療機関(育成・更正医療指定機関)とは、障害者自立支援法 第59条の規定により、自立支援医療(育成医療・更正医療)を実施する ために、都道府県知事の指定をうけた医療機関です。 この医療機関では、口唇・口蓋裂およびその他の特定疾患患者に対して、 健康保険での矯正治療が可能となります。 また、患者の自己負担分についても、一部が公費で補助されます。


顎口腔機能施設基準適合医療機関
顎口腔機能施設基準適合医療機関とは、指定自立支援医療機関であり、 さらに一定の施設基準を満たし、社会保険事務局に届け出を行った 医療機関です。 この医療機関では、顎変形症(あごの骨を切る手術を必要とするもの) の手術前後の歯科矯正治療にも健康保険が適用できます。

結婚式など大事なイベントを控えた方へ

bridal

結婚式や就職面接など、大切なイベントまで期間があまりない方を対象に、見えやすい前歯や気になる部位を優先的に改善し歯並びを良くする矯正方法です。
結婚式当日は見える部位の矯正装置は全て外し、後戻り防止のために、取り外しできる透明なマウスピースを装着します。結婚式終了後は再度装置を付け、奥歯の歯並びもしっかり治療します。

人から気づかれないマウスピース矯正、舌側/裏側矯正でももちろん可能です。

医療費の控除について

歯列矯正を受ける人の年齢や目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。

医療費控除額(上限200万円)=1年間の医療費-(保険金などの受給額+10万円)
還付金額=医療費控除額×所得に応じた税率

例えば・・・

・所得330〜695万円の方が矯正費用に100万円かかった場合には、18万円が還付される計算となります。
(100万円-10万円)×20%=18万円
・住民税は所得税率によらず、一律で医療費控除額の10%が減額となります。
(100万円-10万円)×10%=9万円
⇨従って、所得330〜695万円の方が、100万円の矯正治療を受けた場合、所得税の還付額と住民税の減額金額の合計は27万円となります。

平成29年分の確定申告から、医療費控除は医療費の領収書が提出不要となりました。領収書の代わりに「医療費控除の明細書」を提出する必要があります。但し、医療費の領収書は税務署から領収書の提出、提示を求められた場合は必要になりますので、自宅で5年間保存する必要があります。(平成29年分~平成31年分までの確定申告は、医療費の領収書の添付又は提示によることもできます。)
国税庁の詳細ページはこちら > 
平成29年分の確定申告においてご留意いただきたい事項

矯正歯科 事例

img_orthodontic_dentistry11
img_orthodontic_dentistry12
img_orthodontic_dentistry13
img_orthodontic_dentistry14

症例ブログ

2018年6月15日久留米 舌側矯正について

こんにちは、田島歯科矯正口腔外科クリニック 田島昂子です。   先日、舌側矯正の新しいシステム『ハーモニー』の講習会に、東京開催ですが気合の日帰りで!参加してきました。           ...

2018年5月25日久留米 インビザライン(マウスピース)矯正のかみ合わせについて

こんにちは、田島歯科矯正口腔外科クリニック 田島昂子です。   今日はインビザライン、マウスピース矯正におけるかみ合わせについてのお話です。   先日矯正の無料相談にいらっしゃった方で、 『マウスピース矯正だとかみ合わせとか仕上がりが悪いってネットで...

2018年4月9日久留米 目立たない矯正・見えない矯正・気づかれない矯正について

こんにちは、田島歯科矯正口腔外科クリニック 田島昂子です。 本日は、目立たない矯正・見えない矯正・気づかれない矯正についてのお話です。   目立たない、気づかれない矯正というと、マウスピース矯正がおススメです。 マウスピースを装着中の写真です。ちなみに私です...

無料相談・ご予約・お問い合わせはこちら
〒830-0044 福岡県久留米市本町7-23
受付:9:00〜18:00 営業:9:00〜18:30 定休日:日・祝

        繋がらない場合はこちら

TOP